安全な赤外線レーザを使用した軽量・コンパクトな森林3次元計測システム

よくある質問

よくある質問

OWL Q&A

森林3次元計測システムOWLについてよくお問い合わせいただく内容をQ&Aの形式でまとめております。

装置の仕様について

Question【Q1-1】
1回の充電でどのくらい使用できますか?
Answer

推奨バッテリ(株式会社アイ・ディー・エクス社製 CUE-D75)において、満充電の場合、200回以上のスキャン、時間にしておよそ6時間の使用が可能です。詳しくは「OWL計測装置の仕様」を確認してください。

Question【Q1-2】
レーザは何mくらい先まで届きますか?
Answer

検出保証距離は30mです。但しこれは特定条件下のメーカー試験最大値であり、林内使用での精度を保証する数値ではありません。

Question【Q1-3】
レーザスキャナを直接見てしまっても大丈夫ですか?
Answer

レーザスキャナはFDA安全レベルクラス1です。レーザが眼に入っても安全ですが、念のため不必要に直視することは避けてください。

Question【Q1-4】
より遠くまで届く強力なレーザを使用すればさらに精度が向上するのでは?
Answer

強力なレーザを使用すればレーザの到達距離が伸びるため、より広範囲な検出が可能と考えられますが、手前に立木や低木の葉などレーザを遮蔽するものが存在する場合は、レーザの到達はそこまでとなり折角の強いレーザを活かしきれません。つまり、計測精度は計り方にもよるため、精度向上とレーザ強度は必ずしも比例するとは限りません。

Question【Q1-5】
GPSを搭載していますか?
Answer

OWL計測装置はGPSを搭載しています。GPSの情報は専用ソフトウェア(OWLManager)のCSV出力機能の結果で得ることができます。ただし、GPSの精度は使用環境に左右されます。

Question【Q1-6】
林地境界の測量はできますか?
Answer

現在は対応していません。OWL計測装置はGPSを搭載していますが、GPS計測だけを行う機能は有しておりません。

計測について

Question【Q2-1】
雨の中でも使用することはできますか?
Answer

降雨時は使用できません。OWL計測装置自体は防水仕様となっていますが、レーザスキャナが濡れた状態ですと正しい結果が得られない場合があります。

Question【Q2-2】
雪の降る中でも使用することはできますか?
Answer

降雪時の計測はできません。レーザが雪に反応してしまい、正しい結果が得られない場合があります。

Question【Q2-3】
霧の中でも使用することはできますか?
Answer

霧発生時の計測はできません。レーザが霧に遮られてしまい、正しい結果が得られない場合があります。

Question【Q2-4】
どんな樹木でも計測できますか?
Answer

針葉樹のように真っ直ぐに伸びた立木を対象としています。例えば、曲がりの大きいアカマツ林の計測は不向きです。

Question【Q2-5】
樹種の判定・判別はできますか?
Answer

樹種の判定をすることはできません。

Question【Q2-6】
下層植生、低木が繁茂している場所でも使用できますか?
Answer

状況にもよりますが、計測対象木以外が多い場合ではデータ結合処理に影響します。より正確な結果を得るために計測対象木以外を除去してください。

Question【Q2-7】
地面が全面シダや笹で覆われている場所でも使用することはできますか?
Answer

状況にもよりますが、計測対象木以外が多い場合ではデータ結合処理に影響します。より正確な結果を得るために計測対象木以外を除去してください。

Question【Q2-8】
枯損木判定はできますか?
Answer

枯損木の判定はできませんが、枯損木に反射材を巻いておくと専用ソフトウェア(OWLManager)上で「反射材立木」として扱うことができますので、後から識別、確認ができます。

Question【Q2-9】
林内(空間)にデータ結合のための基準マーカー(目印)は必要ですか?
Answer

データ結合処理に必要な基準マーカーの設置は不要です。OWL計測装置のみでデータ結合を行うことが可能です。

Question【Q2-10】
どのくらいのスキャン間隔が望ましいですか?
Answer

約10m間隔でスキャンしていただくことを推奨しています。レーザの検出保障距離は30mとなっていますが、林内での保証値ではありません。高い精度で計測するために約10m間隔を推奨しています。

Question【Q2-11】
最大何地点くらいスキャンすることができますか?
Answer

1スキャンあたりのデータ容量は、およそ20~30MB程度で、USBメモリの空き容量の分スキャンすることができます。ただし、スキャンしたデータの解析(データ結合処理)は、処理するPCの性能によります。詳しくは、こちらの動作環境を参照ください。

Question【Q2-12】
一脚は伸ばさないで使用してもよいですか?
Answer

一脚は最長になるように伸ばしてスキャンを行ってください。伸ばさなくてもスキャン自体は可能ですが、正しい結果が得られない場合があります。

Question【Q2-13】
スキャンする際はOWL本体をどのように立てればよいでしょうか?
Answer

地面に対して垂直に立ててください。鉛直に立てますとレーザが届かないデッドゾーンの範囲が大きくなり、解析(データ結合処理)の結果に影響する場合があります。

Question【Q2-14】
スキャンしたい場所のすぐ横に立木がありますが影響ありますか?
Answer

このような場合は前後左右上方向の見通しがよい場所に移動し、スキャンを行ってください。レーザは立木や低木、葉などは透過しません。このような遮蔽物があるとその先を検出することができず、解析(データ結合処理)の結果に影響します。

Question【Q2-15】
スキャン中に装置を揺らしてしまいました。正しくスキャンは行われたのでしょうか?
Answer

スキャン中に装置を揺らすと正しい結果が得られませんので、スキャンをやり直してください。スキャン中の45秒間は静止し、装置を揺らさないでください。

Question【Q2-16】
スキャンの終わりはいつですか?レーザスキャナが戻る時に装置を動かしても大丈夫ですか?
Answer

レーザスキャナが180°回転し終わった時(モータ音が早い音に変わった時)がスキャンの終わりです。これ以降は装置を動かしても(次のスキャン場所に移動しても)問題ありません。

Question【Q2-17】
矢高はどのように算出していますか?
Answer

地際50cmから6mの高さまでの最大矢高を算出しています。

Question【Q2-18】
1ha、10haなど、より広い範囲を計測することは可能ですか?
Answer

スキャン自体はUSBメモリの空き容量がある限り可能ですが、標準地調査での使用を想定しているため、計測可能範囲は、3、4ha程度としています。(解析(データ結合処理)を行うPCの性能にもよります。)より広範囲な利用については想定していません。

Question【Q2-19】
スキャンしたデータファイルは1回あたりどの程度の容量ですか?
Answer

林内の状況にもよりますが、1スキャンあたりおよそ20MB~30MB程度となります。

OWLManager(ソフトウェア)について

Question【Q3-1】
ソフトウェア(OWLManager)で何が分かるのですか?
Answer

OWL計測装置で計測したデータを解析・表示することができます。立木の位置図、1本1本の立木情報一覧(直径、樹高、材積など)、点群データを3次元で表現したウォークスルー(3次元立木マップ)などで、計測した場所の状況を確認することができます。詳しくはこちらを参照ください。

Question【Q3-2】
ソフトウェアのカスタマイズや独自の機能を入れてもらうことは可能ですか?
Answer

カスタマイズや独自機能の実装は可能です。別途ご相談ください。

Question【Q3-3】
ソフトウェアを複数のPCにインストールして使用してもよいですか?
Answer

ソフトウェア自体は複数のPCにインストールすることは可能ですが、使用にあたりハードウェアキーが必要です。1ライセンスのご購入に対して1個のハードウェアキーをご提供いたします。

Question【Q3-4】
どんなPCでも動作しますか?
Answer

こちらの動作環境の項目を参照ください。

その他

Question【Q9-1】
なぜ「OWL」と言うのですか?
AnswerOptical Woods Ledgerの略で、森の番人である「ふくろう」とかけています。
PAGETOP
Copyright © 株式会社アドイン研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.