安全な赤外線レーザを使用した軽量・コンパクトな森林3次元計測システム

OWLManager

データ管理ソフトウェア OWLManager

概要

OWLManager

OWLManager

OWLManagerはOWL計測装置で計測したデータ(OWL計測データ)を解析・表示する専用ソフトウェアです。シンプルでわかりやすい構成のソフトウェアのため、どなたでも簡単に使うことができます。

  • OWL計測データから調査データの生成
  • 調査データのフォルダ管理
  • 立木位置図表示
  • 立木リスト表示
  • 3次元立木マップ(ウォークスルー)
  • 胸高直径分布図
  • 間伐、枯損、病虫害選木設定
  • CSVファイル出力
  • シェープファイル出力

機能紹介

調査データ作成

OWL計測装置で計測したデータを解析して調査データを作成する機能です。OWLManagerをインストールしたノートPCを現場に持ち込めば、計測した結果をその場ですぐに確認することができます。
例えば、20m×20m(400㎡)範囲を9地点で計測しその範囲内の立木が50本程度であれば5分ほどで結果を得ることができます(※1)。

その場で確認!

その場で確認!

立木位置図

立木の位置を表した位置図です。位置図内の表現(背景色、立木を表す色、番号のフォントサイズ等)は、設定機能により個別にカスタマイズすることも可能です。

立木位置図

クリックで拡大表示

立木リスト

計測した立木の情報(胸高直径、樹高、材積等)を一覧表示する機能です。一部の項目は、リスト上から直接値を編集したり、並び替えして表示することもできます。

立木リスト

クリックで拡大表示

 

調査範囲設定

立木位置図上で任意の調査範囲を設定し、調査範囲内の立木本数、平均値、総材積、1haあたりの材積等を算出する機能です。調査範囲の指定方法は、多角形・四角形・円があり、位置図上に絵を描くように簡単に指定することができます。四角形と円の指定においては、縦横の長さ、直径の数値を入力しての指定も可能です。

調査範囲設定

クリックで拡大表示

調査範囲設定

クリックで拡大表示

 

3次元立木マップ(ウォークスルー)

OWL計測装置で計測したデータを解析して作成した点群データを3次元で表示する機能です。様々な視点で林内の状況を確認することができます。

ウォークスルー

クリックで拡大表示

ウォークスルー機能の動画紹介はこちら

直径分布図

胸高直径ごとの立木分布図をグラフで表示する機能です。

直径分布図

クリックで拡大表示

 

各種ファイル出力

OWLManagerで管理する立木の情報を、CSVファイルとシェープファイルに出力する機能です。出力したデータを使ってさらに独自の分析や集計を行うことができます。

 

動作環境

項目 条件
オペレーティングシステム Windows7 / 8 / 10
プロセッサ Intel Core i5以上(Intel Core i7推奨)
システムの種類 64Bit
メモリ(RAM) 4GB以上(8GB以上推奨)
ハードディスク 空容量10GB以上
ディスプレイ SXGA(1280×1024)以上推奨
その他 空きUSBポート1ヶ以上(※)

(※1)処理時間は使用するPCのスペックによります。
(※2)ハードウェアキー用として使用します。

PAGETOP
Copyright © 株式会社アドイン研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.