OWLの説明会で「水面は計測出来ますか?」と時々質問を戴きます。一度だけですが「マングローブは計測出来ますか?」と質問を戴いたこともあります。

これまで水面をスキャンした実績が無く曖昧な回答していましたが、実際にどのようになるのか試してみることにしました。

 

河川敷でテスト

河川敷でテスト

テストは河川敷で行います。
川べりにOWLを設置しスキャンを行います。

 

 

 

さて、どのように映るのか・・

 

 

 

スキャン結果

スキャン結果

ごらんの通りです。
地面には点群がありますが、水面は真っ黒です。

結果として水面はスキャン出来ないことになります。
推測ですが、照射したレーザが乱反射もしくは屈折により戻ってこないことによると思います。

 

では”水面の上に生えているマングローブ”はどうなるのか・・
もちろんマングローブの立木自体はスキャン出来るので問題ありませんが、現時点ではOWLの解析システム上”地面”の検出が出来ないと結果が得られないため、エラー扱いになってしまいます。

地面以外のところに生えている立木を想定していませんでしたが、解析処理の工夫により対応は可能と考えています。