2月、和歌山県有田川町にてデモンストレーションを行いました。

最初に有田川町役場清水行政局へ伺い座学を実施。
県、清水森林組合、地元林業家など、多数の方にお越し戴きました。

有田川町役場清水行政局と清水森林組合

有田川町役場清水行政局と清水森林組合

 

 

座学で概要を説明してOWLの特長を掴んで戴いたのち現地へ移動します。
現地はいつもの通り、皆様に実際に使って戴きます。

実際に使ってみます

実際に使ってみます

 

 

現地の写真が無いのでその模様はウォークスルーデータで紹介します。

説明の様子

説明の様子

 

 

専用ソフトウェアOWLManagerの新版では各立木に緯度経度(+平面直角座標)を割り当てることが出来ます。
さらにそれらをshapeファイルとして出力することが出来ます。

以下はQGISにGoogleMapを表示させ、そこにOWLManagerで出力したShapeファイルを重ねました。

QGIS+GoogleMapに表示

QGIS+GoogleMapにshapeファイルを表示

緑の点が立木、赤の点が装置を使用したスキャン地点を表しています。
OWLManagerではお手持ちのGPS機器の位置情報を入れることが出来ます。
これによりさらに精度良く出力させることも可能です。

 

以下は位置図です。
画面の上を真北に向けた状態で表示させました。

位置図

位置図

 

 

これらはノートPCさえあれば現場で出力し確認が可能です。
1500本/ha程度であれば5分程度で結果が出てきます。